Hidden Hotel – Tokyo, Japan

For
2008 Spring Semester, Atelier Valerio Olgiati
Description

東京に計画された短期滞在向けのホテルの計画。
敷地は渋谷の真ん中の、高く細長いビルで囲まれていて、
現在は駐車場として利用されている。
こういった都市の裏側の空間を使って、都市の中でありながらどのようにして
穏やかな空間を作るのかを思索した。

都市的なコンテクストに合わせて、真ん中にオープンスペースを残しながら
地上レベルに一層のパブリックなプログラムを持つショップ、カフェなどの4つのボリュームを作る。
これによって依然としてパブリックにもこの場所が利用できるものとなり、
今までとは違った空気感を作り出す。
それぞれのボリュームにひとつずつ中庭があり、すべて地下1階レベルまで降りている。

4つのうちの1つがホテルのレセプションになっていて、
そこからそれぞれのボリュームの下にあるホテルの部屋につながっている。
地下レベルに降りた宿泊客は、それぞれの中庭から注がれる自然光に導かれて
自分の部屋へと向かうことになる。
それぞれの部屋にも中庭ががあって、
都市の中でありながら静かな場所で時間をすごすことができる。
バスルームはメインの寝室から中庭へのつながりを妨げないようになっていて、
内部空間と外部空間を一体的に感じることができるようになっている。

都市の中にありながらも、その中で穏やかな時間を過ごすことができるということは、
たとえそれがひとときであったとしてもとても豊かなものであると思う。