Institute for Contemporary Music – Venice, Italy

For
2007 Autumn Semester, Atelier Miller&Maranta
Description

イタリア・ベネチアの本島の対岸にあるジュデッカと呼ばれる細長い島に計画された、
現代音楽のための複合施設。
前面が海に面していて対岸からも見ることができるという状況や、
さまざまな建物に囲まれていて複雑になっている動線をどのように保ちながら、
同時にホール、カフェ、図書館や宿泊施設など、さまざまなプログラムをどのように統合していくのかが
焦点となった。

外部はいくつかの中庭が道から連続してつながっていて、
街路にいても建物の中を視線が斜めに抜けるようになっている。
これによって、先が少し見通せたり、街路を歩いている人がそのまま入ってたりするなど、
あたかもベネチアでの都市体験が続いているかのような状態となっている。

同じようにして内部でも異なるプログラムがそれぞれ小さなボリュームでありながらも、
ゆるやかに他と関係している状態になっている。
また、どこにいても常に外部空間が見えるようになっていて、
自然光を感じることができる。
地上階と2階は同じルールで構成させているが、
地上階はホワイトコンクリート、2階は木で仕上げられていて、
空間と身体との関係が少し異なっている。

結果として、小さなボリュームが集まってできたかのような、
建物全体が都市の延長のような存在となっている。